Google+ 期待すると絶望するって話 | surface.plus1

期待すると絶望するって話

期待すると絶望するって話

いつも期待して絶望してるぷらすわんです。

いつもは面白そうなモノを見つけて投稿しているんですが、たまには文章でも書こうと思いまして今回は文章の投稿です。

とは言うものの、文才があるわけでもないし普段から文章を書いてるわけでもないのでひどい文体になるやもしれませんのでなに書いてるのかわかんねーよって 思われるかもしれませんけど・・・。

前置きはこの辺で、本題です。タイトルにも書いたんですが、期待すると絶望するって事です。

世の中の人はどーだかわかりませんが私は大抵の場合期待すると絶望に変わります。しませんか?絶望。 例えば、なにか期待して待っていて実際にそのなにかは期待通りの結果になって自分の目の前に現れませんよね。

「上司にラフを提案して、凄い!最高のラフだよ君!!これでいこう!天才か君は!なんて言われたりしてwとか期待して提出したけど実際はボロカスに駄目出しされますよね」

「部下に指示を出して「これだけ細かく内容を書いたんだ、間違いなく思った通りのモノが上がってくるな。これでなんとか目処がつくぞ!」なんて期待してたのに上がってきたのは、なんでそこ間違えるの?なんでここ、この色なん!?おまえちゃんと指示書読んだのかよ!?ってなりますよね」

「ブログを書いて、寝てる間に凄いアクセスきて明日大変な事に!!なんて期待してその通りになりませんよね」

「面接して、よし!好感触!これはもらった!なんて期待して待ってたけど、今後の活躍をお祈りされますよね」

「やっとの思いでデートまで漕ぎ着けて当日のあれやこれやを期待してたけど、当日にドタキャンされて絶望しますよね」

「恋人に料理を作っておいしいの一言を期待してたのに返ってきたのはしょっぱいの一言でショックを受けますよね」

と、まぁ言ったらキリがないですが絶望しかないですね。

で、思いました。

期待するから絶望するんです。期待しないで信じる事が大事だと思うんですよ。

期待しないで信じるって事は他人には期待をしない。自分を信じる事だと思うんです。
別に上司に天才だ!なんて言われなくても仕事は出来るし自分が自分を天才だと信じてればいいし、部下だって人間なんだからミスもあるんだから教えてやればいいんです。
ブログだって、書き続ければそれなりのアクセスは稼げますし、信じてればいいんです。
面接だってデートだって恋人だってどんな事でも信じてればいいんです。

見返りを期待するから返ってこなかった時絶望に変わると思うんです。だから別に見返りを求めず自分が何かをした。それだけでいいんだと思います。


だいぶ、まとめきれてない感じがプンプン臭いますが、要は期待せず見返りをもとめず、自己満足に留めておくって事かなと。

他人にボールがいったらそこからはその人の問題で自分にはどうしようも出来ないもんね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク